デリケートゾーンの黒ずみケアガイド!オススメ商品人気ランキング

更新情報:2017.2.24 11:28 更新

デリケートゾーンの黒ずみの悩み、一人で抱えていませんか?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性

女性にとって厄介な天敵であるデリケートゾーンの黒ずみ。
肌の露出が多い季節はもちろん、彼との大切な時間、デリケートゾーンに黒ずみがあると心から楽しめないという悩みを抱える女性も多いはず!!
『デリケートゾーンやバストトップに黒ずみがある女=遊んでる女』という都市伝説を信じている男性も少なくないみたいですし…。
そんなデリケートなトラブルですから、なかなか人には相談しづらいですし、長く病院に通うのも気がひけるので、どうにか自分でケアできたらいいですよね!?
腰に手を当てる女性のデリケートゾーン
そこでこのサイトでは、自分でできるデリケートゾーンの黒ずみのケアにオススメの人気商品を、ランキング形式にして紹介したいと思います!!!
誰にも知られずこっそりケアし、自信のあるボディを手に入れましょう!

デリケートゾーンの黒ずみケアガイド!オススメ商品ランキング

イビサクリーム

イビサクリーム

イビサクリームの商品紹介

イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみのケアに効果のあるクリームです。デリケートゾーンは、カミソリなどによる自己処理やお風呂で体を洗う時に強く洗いすぎること、下着や洋服などの摩擦などによって黒ずみができてしまいます。
この黒ずみとは、肌がメラニンを過剰に発生させている状態なので、メラニンの生成を抑制することで黒ずみの改善につながっていきます。
また、この他にも肌に潤いを与えることがとても大切だと言われています。
そこでこのイビサクリームを使ってケアを行うと、黒ずみが出来てしまったデリケートゾーンにヒアルロン酸ナトリウムやグリセリンなどの8種類の潤い成分と、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kの2種類の薬用成分を塗り込むことで、きれいな状態に戻すことが期待できるのです。
また、イビサクリームの効果として美白や炎症を抑える効果も挙げられるため、黒ずみケアをしながら美白になるということまで期待できます。
そして肌に刺激を与えてしまうようなパラペンやアルコール、鉱物油などは使用されていないため、そういう点でも安心して使うことができます。
また、使用方法も朝と夜に1回ずつデリケートゾーンの黒ずみ部分に塗るだけなので、非常に簡単だと言えます。
そして効果も長時間続くので、日中塗り直す必要はありません。
また、このイビサクリームはデリケートゾーン以外にも、脇やビキニライン、膝やくるぶしなど黒ずみが出来やすい部位のケアに効果を発揮するため、これ1本あれば全身の黒ずみのケアをすることができると言えます。

イビサクリームユーザーの口コミ情報はこちら

イビサクリーム公式サイト

ハーバルラビット

ハーバルラビット

贅沢な美白・保湿成分で気になる黒ずみをシャットアウト

ハーバルラビットは、海外セレブやファッションモデルの方にも多く愛用されている、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームです。

黒ずみの正体であるメラニン色素の沈着を抑制する作用を持つ、4種類(水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス)の美白成分を贅沢に配合しており、朝晩1日2回気になる部分に塗るだけで、みるみる黒ずみをシャットアウトすることができます。

さらに、最高級の保湿成分(トリプルヒアルロン酸、トレハロース、セラミド、コラーゲン)を配合しているため、黒ずみをできにくくする肌へと導いてくれるのも魅力です。

肌が弱い方も安心して使用できるよう、赤ちゃんにも使える成分を配合し、品質管理の国際規格であるISOマークを取得している国内の工場で製造しているため、品質の安全面も折り紙つきです。
また『全額返金保証制度』を設けているため、初めての方も手に取りやすい商品なっています。

ハーバルラビットユーザーの口コミ情報

ハーバルラビット公式サイト

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトの商品紹介

ヴィエルホワイトは、デリケートゾーンにできてしまった黒ずみに潤いを与えて更に美白にしてくれるというエッセンスです。
デリケートゾーンの肌は他の部位と比べると非常に薄いということが言えるので、下着による摩擦などで黒ずみが出来やすいということが言えます。
また、水着を着た時に日焼けをすることによって紫外線からのダメージを直接受けているので、このことによっても黒ずみはできてしまいます。
このデリケートゾーンにできてしまった黒ずみを改善させるためには、ただの保湿クリームや美白クリームではなく、ヴィエルホワイトを使ってケアしていくことをおすすめします。
このヴィエルホワイトは、デリケートゾーンのように皮膚が薄く、紫外線や摩擦などの影響を受けやすい肌に、美白と保湿の効果を与えることで黒ずみを改善に向かわせてくれます。
デリケートゾーンにこのエッセンスを塗ることで肌にたっぷりと潤いを与えてくれ、肌の外側からだけではなく、内側からも美白になるように働きかけてくれます。
美白、保湿、保護、エイジングケアなど様々な効果を期待できる成分がギュッと詰まったデリケートゾーンの黒ずみに特化したエッセンスだということが言えるので、このような悩みを持っている人にはおすすめだと言えます。
また、1日2回朝と夜に2から3プッシュしてデリケートゾーンの気になる黒ずみに塗るだけなので、何の手間もかからず効果的なケアをすることができます。
そしてボトル本体も普通の化粧品と変わりはないので、誰かに見られても黒ずみ用のものだとバレる心配もありません。

ヴィエルホワイトユーザーの口コミ情報はこちら

ヴィエルホワイト公式サイト

ピューレパール

ピューレパール

ピューレパール、効果の理由はインナードライ肌の改善

ピューレパールというボディケア用クリームのお話です。
なんと2015年 モンドセレクション銀賞を受賞という、すごいものです。
人気の雑誌・各種媒体も多数に掲載です。
またインターネットの口コミでも既に有名です。
ピューレパールは、デリケートゾーンの黒ずみを薄くする効果のジェルクリームです。
実際の使用者のうち、なんと89.7%もの人が「高評価」と回答しました。
ワキ用ケア製品も多数ありますが、ピューレパールの最大の違いは「黒ずみケアだけでなく、さらに美肌効果も高い」ことです。
単に黒ずみを薄く、あるいは毛穴を目立たなくするだけではありません。
そして美肌効果はダメージ肌の改善というわけではなく、元からきれいなお肌も一層きれいになります
実際の使用者も、81.6パーセントが「しっとり潤っているのを実感」と解答です。
また使用感の良さも大きな特徴です。
なんと使用者の92.9パーセントが「塗ったあと、ベタつかずに使えた」と解答です。
インターネットの口コミでも、多くの人が「塗った後すぐにサラサラで良い」と好評です。
公式サイトには、こんな説明があります。
「お肌の黒ずみは、肌細胞がダメージを受けて再生力が低下の状態です。
だから、肌力の回復が必要!なので、うるおい成分を十分に補給して肌力を回復させることが大切です!」
また、こんな説明もあります。
「黒ずみのあるデリケートゾーンは[インナードライ肌]表面はベタベタしてても、内部は乾燥しているお肌のことです。」
デリケートゾーンの黒ずみには、このインナードライ肌の改善ケアが必要なんですね。
ということは、デリケートゾーンの黒ずみケアには肌細胞の内部へのうるおい補給が大切なんですね。
ピューレパールが効果的なのも、よくわかりますね。

ピューレパールユーザーの口コミ情報はこちら

ピューレパール公式サイト

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因

海にいる女性のデリケートゾーン

デリケートゾーンは服を着ているので露出する事はありませんが、刺激を与えてしまっている事はよくあります。
そのためデリケートゾーンにも黒ずみが出来てしまう可能性は十分にあります。
デリケートゾーンは体の中でも大切な部位なのでどうして黒ずんでしまうのか原因を理解しておく事が大切になってきます。

メラニン色素がたくさん生成

メラニン色素のイメージ

デリケートゾーンに刺激を与えてしまうと肌を守ろうとしてしまうためメラニン色素がたくさん生成されてしまいます。
メラニン色素が生成されてしまうと肌がだんだん黒くなってしまいやがて黒ずみになってしまいます。

肌の新陳代謝の乱れ

年齢を重ねてくる

年齢を重ねてくると徐々に肌の新陳代謝の乱れてきてしまいます。
そのため古い角質が残ってしまう場合があるのでメラニン色素が沈着したままの状態になってしまいます。
それによって黒ずみが出来やすくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れ流女性

ホルモンバランスの乱れがデリケートゾーンの黒ずみに繋がってしまう可能性もあります。
ホルモンバランスが乱れてしまうと肌の新陳代謝の乱れてしまって黒ずみが出来やすくなってしまいます。
ホルモンバランスは生理や出産の時に乱れやすいですが、生理は定期的にやってくるものなので注意が必要です。
デリケートゾーンが黒ずんでしまうと神経質になってしまいますが、どうすれば黒ずみを改善しているのかじっくり考えてケアしていく事が大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの主な解消方法

海にいる女性のデリケートゾーン

刺激があまり強くないものを選ぶ

刺激があまり強くないクリーム

デリケートゾーンは皮膚が薄くて肌がすごく敏感なので刺激に関しては注意しなくてはいけません。
市販の薬は基本的にそれほど強くありませんが、中には医療機関で処方されるような刺激の強い成分が配合されている場合があります。
そのため肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので注意しておく必要があります。

クリームの値段が高額過ぎない

クリームの値段が高額過ぎない

デリケートゾーンの黒ずみを解消出来るまで半年はかかると言われています。
そのためクリームも何個かは購入していかないといけません。
クリームが高額だと出費も多くなってしまって継続出来なくなってしまう可能性があります。
自分に見合った値段のクリームを使用してきっちり黒ずみをケアしていくのがいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみの主な予防方法

横たわる女性のデリケートゾーン

デリケートゾーンは色々な原因から黒ずみができてしまいますが、これには予防方法があるので、見ていきます。

できる限り刺激を与えないようにする

刺激を与えないな下着

デリケートゾーンに全く刺激を与えずに生活するということは不可能なので、常に身につけている下着をあまり締め付けないようなものにしたり、形をボクサーパンツに変えてみたりするなどの工夫をすることが大切です。
また、素材に関しても通気性の良いものを選ぶと肌への負担がかかりにくいため、綿や絹などのものを選ぶことをおすすめします。

保湿をしっかりして潤いを与える

保湿をしっかりして潤いを与えるイメージ

黒ずみの原因の中には乾燥というものもあるため、保湿をすることは非常に大事になってきます。
下着や洋服、紫外線などによってダメージを受けてしまった肌は乾燥している状態なので、お風呂上がりなどに化粧水やクリームなどを塗ってたっぷりと保湿ケアをしてあげることで、デリケートゾーンにできた黒ずみにも少しずつではありますが、効果が出てくるようになります。

デリケートゾーン専用のクリームを使用する

デリケートゾーン専用のクリームを使用する

デリケートゾーンにできてしまった黒ずみを元の肌色に戻そうと思っても自然に戻るものではないので、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームなどを使用することが一番手っ取り早い方法だと言えます。
最近は、ただの美白クリームや保湿クリームではなくデリケートゾーンの黒ずみのケアに特化したクリームも売られているため、その中から自分に合ったものを選んでケアすることが黒ずみを改善する一番の近道だと言えます。

デリケートゾーンの黒ずみ・体験談

水着の女性のお尻

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使ってます

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使ってます

デリケートゾーンの黒ずみケアって、どうしたら良いんだろうと思っていました。肌を刺激してはダメだというので、角質を擦り落とすようなマッサージは厳禁ですし、下手なものを使ってデリケートゾーンがかぶれたり傷んだりするのは、もっての他です。
良いものはないかと探していたところ、出来てしまった黒ずみをケアするスキンケア商品がたくさん発売されていることを知りました。
やっぱり、みんな同じように悩んでいるんだなと感じます。
さっそく購入して使ってみたら、朝晩に一回ずつ塗るだけで良い手軽さで、三ヶ月くらいしたら黒ずみが徐々に薄くなっていました。
デリケートゾーン専用ケア商品なので安心できるし、クリームボトルも可愛いので、試しに使ってみるのがオススメです。

後悔する前に、毎日地道にケアしましょう

後悔する前に、毎日地道にケアしましょう

デリケートゾーンの黒ずみは、人目につかないのに、なんでこんなに気が滅入るんだろうと感じています。
お風呂上がりに鏡でチェックするのですが、黒ずみを見るたびにため息がもれてしまいます。
黒ずみに気がついた当初は、古い角質を落とせば良いと思い込んでいて、スクラブ入りのマッサージクリームを使って自己流でケアしていましたが、黒ずみに強い刺激はダメだということを知ってからは、優しく洗うことを心がけています。
また、乾燥するのもダメで、わたしもとくにお風呂上がりは念入りに保湿しています。化粧水や美容液などで肌を整えたあとは、しっかりクリームを塗っておくと保湿力がアップします。
毎日ケアするのは大変ですが、美容には地道なケアが大切だとデリケートゾーンの黒ずみから学びました。

デリケートゾーンの黒ずみ対処法

デリケートゾーンの黒ずみ対処法

いつの間にか黒ずんでいたデリケートゾーン。
気づいた時、ショックでこれは早めに治さないとダメだと思い、早速ケア方法を調べ出しました。
デリケートゾーンの黒ずみははほぼ24時間下着や衣類による肌への摩擦や刺激によって起こることが原因だと言われており、元々肌が弱い私は身につける下着をコットンやシルクに変え通気性を良くし、少し大きめの下着を身につけることにしました。
この方法と合わせて、市販の保湿性の高い美白効果の高いボディークリームを優しく浸透するように塗り込んでいたところ、約1ヶ月でくすみが取れて肌が少し明るくなりました。
もっと早くからきちんとしたケアをすれば良かったと後悔しましたが、現在も続けてケアを行っています。

なかなか人には言えないデリケートゾーンの黒ずみについての悩み…。私はこのようにケアすることで見事解決しました!

なかなか人には言えないデリケートゾーンの黒ずみについての悩み…。私はこのようにケアすることで見事解決しました!

デリケートゾーンの黒ずみ…。なかなか人には言えない悩みですよね。
ここからは私が「あるもの」を使ってデリケートゾーンの黒ずみを治した体験談です。
ご参考になればと思います。
ご存知の方もいるかと思いますが、最近テレビCMでも話題の「ラクタシード」。
デリケートゾーンのにおいや不快感をなくすデリケートゾーン専用のソープとして人気が出ています。
実はこのラクタシードにも種類があり、におい、不快感とともに黒ずみのケアにも役立つ、「ラクタシード ホワイトインティミット」というものがあります。
私はこれを使い黒ずみを薄くすることができました!
まだ使い続けて半年ほどなのですが、もうこれは手放せないです!
人によっては使い続けることで黒ずみがきれいさっぱり消えることもあるんだとか…?
デリケートゾーンの黒ずみケアでお困りの方には是非、オススメしたいです!

デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

デリケートゾーンの黒ずみって恥ずかしいですよね。
出産や加齢は仕方ないにしても、その他の原因が下着の摩擦や刺激、ゴシゴシ洗ったりする事だったと知った時はとても驚きました。
そこで私は、なるべく摩擦や刺激が少なくなるように生活する事にしました。
まず下着です。
生地が柔らかくて負担のかからない綿素材の物を選ぶようにしています。
サイズはお尻に合った物を選んでいます。
小さい物は負担になってしまうのでサイズの確認は絶対にします。
次に洗い方ですね。
たまにゴシゴシ洗いたくなる時もありますが我慢して、やわらかい沢山の泡を手のひらに乗せて、洗顔する時のように優しく洗っています。
今の状態をキープしていられるようにこれからもケアしていきたいです。

デリケートゾーンの黒ずみで困ったことと治すためにしたこと

デリケートゾーンの黒ずみで困ったことと治すためにしたこと

「あなたのデリケートゾーン黒ずんでない?」ネットを見ていたときに、このような広告を見て、自分のデリケートゾーンの黒ずみを気にするようになりました。
デリケートゾーンはうっすらピンクだと思っていたのですが、自分のものを見ると黒ずんでるなと感じました。
そのため、自信が持てず、彼と良い雰囲気になっても、自分のコンプレックスが気になって集中できない…ということもありました。
遊んでいると思われないか不安だという気持ちもありました。
そこで、黒ずみをきれいにするためにジャムウソープを使用してみることにしました。
もこもこの泡を泡立てて、パックをして流すという流れを繰り返していると、しばらく経った頃に、こんなに薄くなったっけ!?と効果を実感してきました。
今度から専用のケアクリームも試してみようかと思います。

見えないからこそ解決策が気になる…デリケートゾーンの黒ずみ

見えないからこそ解決策が気になる…デリケートゾーンの黒ずみ

女性にとってお肌やムダ毛の処理は基本中の基本ですが、気になって仕方ないのにいまいちどうケアしたらいいのかわからないのが、デリケートゾーンの黒ずみだと思います。
インターネットが普及した今、人には言えない事も調べる事が出来る時代になりました。私も過去に、誰にも言えないデリケートゾーンの黒ずみについて検索した事があります。
出来るだけ摩擦を避ける、小さい下着を履かない、デリケートゾーン用の専用ソープ等でケアする等、解決策をいくつか発見できたのですが、具体的にこれをやって黒ずみが解消出来ました!という具体例がない!笑
これがデリケートゾーンの黒ずみに悩む最大の原因だと思います。
どんな問題でもそうかもしれませんが、解決策が提示されていても誰でも覿面に効果が出たり、悩みがすぐ解消されるわけではないのです。

デリケートゾーンの黒ずみの予防法

デリケートゾーンの黒ずみの予防法

デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうと恥ずかしいので出来ないように予防する事を心掛けています。
特に気を使っている事は摩擦が起こらない事と蒸れないようにする事です。
デリケートゾーンを洗う時はナイロンタオルではなくて優しく丁寧に手で洗っています。
優しく丁寧に洗えば摩擦が起こる事はないので気を使っています。
またデリケートゾーンを蒸れないようにするためにきつめの下着は履かないようにして少しゆったりとした下着を履くようにしています。
それによって通気性が良くなって蒸れにくくなるので気を使っています。
また夏の熱い時期になるとジーンスを履くと蒸れてしまうのでジーンズを履かないようにしています。
摩擦が起こらない事と蒸れないようにする事を徹底させる事によって黒ずみを予防しています。

黒ずみはできる前に対策を

黒ずみはできる前に対策を

すでにできてしまった黒ずみのケアも必要ですが、まだできていない部分にこれ以上できないようにする為に気を付けていることは下着のサイズです。
黒ずみの原因としてあげられるのが「サイズの合わない下着をつけている」という事です。
足の付け根の部分のゴムがきついショーツを穿いていたり、ブラジャーのアンダーがきつくワイヤーが肌に強く当たっているなどは黒ずみの原因になります。
そういった下着を付けるのはやめて、ボクサータイプや足の付け根がレース状になったショーツを穿くようにしたり、アンダーサイズの合った下着をつけるようにしたり、休日はワイヤーの入ってないタイプのブラジャーを付けるようにしています。
黒ずみを作りにくくすると同時に、できてしまった黒ずみのケアにもオススメです。

自己処理の頑張りすぎで黒ずみに

自己処理の頑張りすぎで黒ずみに

自己処理もなかなか難しいデリケートゾーン。しかも、自己処理をすればするほど黒ずみが目立ってしまいます。カミソリや毛抜きで自己処理を行うため、埋没毛などによって黒ずみが目立ってしまうのです。
若かった当時は、お泊まりデートの際など非常に気にしました。
しかし、自己処理では黒ずみは解消できないかもと思い永久脱毛施術へ。
恥ずかしかったのですが、Vラインのみ脱毛施術を行いました。
やはり脱毛施術だと、毛根から毛がなくなるため埋没毛もなくなり、黒ずみが解消します。
普段黒ずみの目立つ肌を見ていたので、毛がなくなっていき本来の肌の色を見たときは、より白く綺麗に見えました。
毛穴がふさがりキメも整うので、お泊まりデートも自信を持って挑めますよ。

肌を黒ずませないためには、剃らない抜かない!

肌を黒ずませないためには、剃らない抜かない!

毛は抜いたり剃ったりすると次第に濃くなったり毛穴が黒ずんで元に戻らなくなる、と聞いていたので、昔からデリケートゾーンのお手入れは専用のハサミで切っています。
普通のハサミを使うと毛先が尖って痛痒くなるので、薬局の美容用品コーナーにあるもの、もしくは100円均一にあるものも使ってみたらそれなりに使いやすかったのでおすすめです。
アンダーヘアの量が気になりだしたら、必ずお風呂あがりの乾いた状態でお手入れをします。
濡れたままですと均等に切ることが難しく、乾いた時に薄い部分と濃い部分が出てきてしまうためです。
こうすると毛穴に余計な負担をかけることがないので、黒ずむことなくキレイな肌を維持させることが出来ています。

黒ずみでこんなに悩むなんて

黒ずみでこんなに悩むなんて

昔から毛が太く生えてる範囲が広かったので処理をとにかくしっかりしていました。
処理の為にしっかりカミソリで剃っていたからか太ももの付け根の部分がどんどん黒ずんできてしまいました。
海に行く時やショートパンツを履くときにブイゾーンから黒ずみが見えるのがとにかく悩みでした。
剃るのを止めることができず剃り続けた結果、黒ずみが増し私自身とても色白な為その部分だけが鏡で見るとラインのようにしっかり跡のようになってしまいました。
それ以来この何年間は水着を着るときやショートパンツを履くときは水に強く落ちにくいコンシーラーやファンデーションを塗ることで対策をしていましたが、年齢的にも恥ずかしいので今は某化粧品の美白美容液を予防の為塗りこんでいます。

海水浴の直前に気付いたデリケートゾーンの黒ずみ

海水浴の直前に気付いたデリケートゾーンの黒ずみ

学生の頃、夏休みに友達と海に行くことになりました。
新しく買った水着を改めて家で着た際、鏡の前でふざけて開脚していた時に気付いたのですが、デリケートゾーンのIラインとVライン付近の内腿が黒ずんで真っ黒になっていました。
足を閉じれば目立つ事はないのですが、一度目にしたら気になってしまい、結局海には水着の上からショートパンツを履いて遊びました。
(友達に何故と聞かれたのは有耶無耶にごまかしていました)後になって携帯で調べたら専用のケアクリームがある事を知り、近所のドラッグストアで購入。
学生の自分には少々痛い出費だったのも覚えています。
今は石鹸も愛用していてなるべくケアには気を付けていますが、当時授業のプールの時間とか恥ずかしかったなぁとしみじみ思い出してしまいました。

デリケートゾーンの黒ずみは気になります

デリケートゾーンの黒ずみは気になります

肌が弱いのか、下着の擦れで痒くなったり、デリケートゾーンが黒ずんでしまったりしています。
割と痩せた体系なので、フローリングなど硬いところに座っていると、それだけでも、骨が当たって痛いときがあり、いつの間にか黒くなっています。
なるべく擦れなどの刺激の少ない下着や、座り方に気を付けるようにしていますが、刺激を完全になくすことはできなくて、大変です。
本格的なものではありませんが、ちょっとしたケアをいくつか試したこともあります。
しかし、薬剤的なものは効果がわからないし、それ自体の刺激などの影響がないかと気になりました。
デリケートゾーンは隠すことができるとはいえ、やはり恥ずかしいし、黒ずみが取れてくれると良いと、いつも思っています。

デリケートゾーンの黒ずみについて

デリケートゾーンの黒ずみについて

私は全身、毛深い方です。
そんな私は泳ぐのが趣味で、よくプールに行きます。
今は色んなデザインの水着があり、太ももまで隠れる長いタイプもあります。
しかし以前は競泳用の水着しかなく、ムダ毛が悩みの種でした。
腕や足は剃っても薄い毛なのでまだ良いのですが、デリケートゾーンは濃く太い毛です。
何度も何度も、長年自宅でカミソリで処理をしてきました。
そのせいで黒っぽくなってしまいました。毛抜きで抜いても、皮膚に埋もれてしまい、そのせいで水着を着るのも泳ぐのも億劫になりました。
スイミングスクールに通うと、みんなで体操をするので、黒ずみが見られるのではないかと気が気でなく、後ろの方に並んでいました。
出産で検診に通うのも嫌でした。

デリケートゾーンの黒ずみで私が気を気を付けていること

デリケートゾーンの黒ずみで私が気を気を付けていること

デリケートゾーンはあまり他人に見せる箇所ではないけど、やっぱり黒ずみは気になります。私は人一倍色素沈着がひどく黒黒しいのでコンプレックスもかなり抱えています。
自分で出来るケアとしては、あまりキツイズボンや下着は履かないようにしています。インターネットで検索した際に色素沈着は身体の締め付けでも起こると記してあったのを読んだのでその後から気を配っています。
また、夜の間は下着を履いていません。
現在全身脱毛を行っていて、VIOの経過がとてもよく粘膜の部分以外はやや肌の色が落ち着いてきたように思います。
黒ずみ方は人それぞれではありますが、あんなに黒かった私のデリケートゾーンでも気持ち明るくなっているので、下着などでの締め付けを軽減するだけでも変化が見られると思います。

デリケートゾーンの刺激を少なくして黒ずみを予防

デリケートゾーンの刺激を少なくして黒ずみを予防

デリケートゾーンは常に下着と接している状態なので摩擦が起きりやすく刺激を与えてしまう事が多いです。
しかも蒸れやすい部位でもあるので臭いや痒みも発生してしまい刺激を与えてしまうという事もあります。
そのため黒ずみが出来やすい部位でもあるのでなるべくデリケートゾーンの刺激を少なくして黒ずみを予防しています。
対策としてはまず歩く時にはあまり急がないようにしてゆっくり歩くようにしています。
それによってデリケートゾーンへの刺激を少なくするようにしています。
次に通気性を良くするために下着のサイズを少しゆったりめのものにしてデリケートゾーンを締め付けないようにしています。
それによってデリケートゾーンへの刺激が軽減出来るので黒ずみを予防する事にも繋がっています。

誰にも相談できない悩み

誰にも相談できない悩み

学生時代、2年間にわたり交通費をけちって自転車通学してました。
自転車…わかりますよね、デリケートゾーンが自転車のサドルでこすれます。
砂利道では揺れ、坂道では力が入り、湿気の多い時期なんて特にこすれて痛いほど。
最初の一年はそれほど気にしてはいなかったものの2年目以降からどうも気になりだしました。
まだ10代だった当時はそれらの悩みを相談するのも恥ずかしく、また今現代のようにネットで気軽に調べることもできませんでしたから、どのようにケアしたら良いのか、ひとりでこっそり悩んでいました。
薬局などでその部分の洗浄剤などを購入し試してみるも手ごたえ無し。
当たり前ですよね、色素沈着が千円単位の医薬部外品で落ちるわけがありません。
2種類ほど試してみて、あきらめましたとさ。

参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

総務省
http://www.soumu.go.jp/