デリケートゾーンへの刺激をなくすようにする

黒ずむ前に予防できます。

気になっていてどうにかしたいと思っていても、誰かに相談することは恥ずかしくて出来ないデリケートゾーン。
しかし、特に何か用意しなくても黒ずみを予防する方法はありますから是非お試しください。

メラニン色素に注意する

デリケートゾーンが清潔な女性
陰部やバストトップ脇の下などのデリケートゾーンは、特にメラニン色素の生成が活発な所で、メラニン色素は紫外線だけでなく、摩擦による刺激によっても活性化されます。
日常生活の中で、下着やナプキンなどの刺激を受け、防御反応で自然とメラニン色素が生成されるので、紫外線、刺激等に気をつけてデリケートゾーンの黒ずみの予防をすることが大切です。
摩擦により発生した色素沈着は色素が定着しているので改善に時間がかかります。
座る時間を短くしたり、キツイ下着は避け、肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、日常の摩擦による刺激を避けるようにしましょう。
洗い方にも注意が必要で、清潔にしたいがために洗い過ぎないようにします。
トイレに行ってトイレットペーパーを使うときに、気になってゴシゴシトイレットペーパーで拭き取ることがあります。
刺激は強すぎて黒ずみの原因になりますから、洗う時や拭く時ときは丁寧に行うこと、そして生理中は特にパットを何枚も変えて清潔を守ることがおすすめです。

質の悪いナプキンやトイレットペーパーを使用しない

生理用ナプキン
質の悪いナプキンやトイレットペーパーを普段から使ってしまっているとデリケートゾーンは黒ずんしまいます。
陰毛とナプキンやトイレットペーパーが接触してしまうことによっても、摩擦が発生して肌に刺激を与えて黒ずみの原因になるメラニン色素を多く分泌させてしまうので要注意です。
最近はナプキンの性能が優れてきているのでずっと同じものをつけていても大丈夫になってきています。
しかし、ずっと同じ物をつけていると蒸れやすくなってしまい炎症が起こってしまうという事もあります。
炎症が起こってしまうと黒ずみになってしまう可能性もあるのでナプキンはこまめに交換するようにしましょう。
デリケートゾーンは生理中は蒸れたりして黒ずみの原因になりやいです。
生理ナプキンをこまめに取り替えないとデリケートゾーンが蒸れて黒ずみになりやすくなりますので、長時間同じ生理ナプキンをしないでこまめに取替え清潔にする事が大切です。

慢性的な皮膚疾患の方はまずお医者さんに

皮膚科の女性
また皮膚にアトピーのような慢性的な疾患をもつ人は、デリケートゾーンも黒ずみがちです。
皮膚の炎症によって皮膚の保湿が望ましい状態でキープされず、乾燥してかゆみを引き起こし掻き壊してしまうといったことから傷がついてメラニンの色素沈着を促してしまうからです。
皮膚疾患が、黒ずみの大きな原因になっている場合があるので、慢性的な皮膚疾患に悩んでいる方は、まずお医者さんに痒みを抑える薬をしっかりと処方してもらい、掻き壊してしまわないように努めることが重要です。

デリケートゾーンの黒ずみケアにオススメの商品は?人気ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*