どうしても痒い場合は病院へ

黒ずみ予防のキーワードは「清潔」「低刺激」

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つに挙げられるのは、かゆくて掻いてしまうことです。
デリケートゾーン、とくに、VラインとIラインと呼ばれる個所は、汗をかいたときに汗がたまりやすい箇所でもあります。

その汗がかゆみを引き起こしてしまう原因の一つとなってしまうのです。

病院で薬を処方してもらう

病院で薬を処方してもらう女性
汗などにより痒みが増し、かゆくて掻いてしまうと、その掻き壊しの跡が残って、年月を経て黒ずみとなってしまうのです。
そんな黒ずみの原因の一つとなるやっかいなかゆみを抑えるためには、病院でお薬を処方してもらうのが一番の近道です。
皮膚科でもお薬を処方してもらえますが、診察の際に患部であるデリケートゾーンを医師に見せなければならないので、婦人科の方が安心して診察に臨めるでしょう。
かゆみを覚えたときに、患部を掻かなければ黒ずみの原因の一つにはならないわけですから、かゆみを抑えるお薬を処方してもらいます。

かゆみを鎮めてくれる効果

飲み薬
飲み薬なら、「アレロック」や「エバステル」などのアレルギーを抑えるお薬がかゆみを抑える効果があります。
塗り薬は、デリケートゾーンですので、ステロイドが入っていない「コンベッククリーム」を処方してもらうとよいでしょう。
飲み薬は、1日2回朝晩に飲むと、かゆみを抑える効果が続きます。
塗り薬は、かゆみを覚えた際に随時患部に塗布します。
「コンベッククリーム」は、患部に塗ると、すぐにかゆみを鎮めてくれる効果があります。
お薬の力を借りてかゆみを抑えて、黒ずみを今以上に拡張させないように、また、濃くしないようにしていきたいものです。

デリケートゾーンの黒ずみケア商品!オススメ人気ランキングBEST3!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*