毛の処理が引き起こすデリケートゾーンの黒ずみ

だからできるデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンは他の部位と比較しても黒ずみやすい部分です。
最近は専用の美白クリームなどケア商品もたくさんあります。
しかし原因を知らなければ繰り返してしまいます。
正しいデリケートゾーンの黒ずみ解消法を目指しましょう。

デリケートゾーンムダ毛の処理

カミソリ
女性ホルモンの変調や加齢によって次第に色素が沈着しやくすなり、それに加えて、メラニンの発生を増やしてしまうのが外部からの刺激や摩擦により皮膚が炎症を起こします。
デリケートゾーン部分のアンダーヘアの処理は正しく行っているでしょうか。
知らないうちに、カミソリやシェーバー、家庭用脱毛器や脱毛クリームで肌を傷付けているかもしれません。
デリケートゾーンは皮膚が他の部位より薄く弱い部分なので、その部分をカミソリで繰り返し剃ったり、フラッシュ脱毛などで頻繁に刺激を与えたりすると、刺激に対してメラニンを生成することで皮膚を守ろうとするために、黒ずみが発生します。
もしムダ毛が気になるのであれば、病院や脱毛サロンで脱毛をオススメします。
しっかり自分の肌に合った脱毛法を選んで、処理のあとはケアすることを忘れずにしましょう。

脱毛後のアフターケアが重要

脱毛後のアフターケア
肌から毛を剃る・抜くなどすると、どうしても皮膚表面や毛穴周りの細胞は傷ついてしまい、その状態をもとに戻すためにはムダ毛処理後の保湿ケアが必要です。
保湿ケアが足りないと黒ずみの原因になりますので、肌が弱かったり、毛の量が多い方は、処理した後も数日間は保湿ケアを続けましょう。
サロンで適切なケアをしてくれますが、自宅に帰ってからトレチノインやハイドロキノンといったホワイトニング効果のある成分が配合された、デリケートゾーン専用のジェルやクリームを使用しないで何もケアしないとデリケートゾーンは黒ずんでしまいます。
適切なケアをしていくうちに肌は徐々に生まれ変わり黒ずみが薄くなっていくのですが、ある程度の期間は継続して使用することが大切なのに、何もケアしないでいると黒ずみの原因となってしまいます。

日常生活で与えてしまっている刺激

トイレットペーパー
デリケートゾーンの黒ずみは生理用ナプキンやおりものシート、トイレットペーパーの使用によって擦れることが原因になる場合もあります。
アンダーヘアの処理と同じように、知らないうちに摩擦が起きてケアが足りていないという可能性があります。
下着やナプキンは肌に優しいものを使うように心がけましょう。
デリケートゾーンは皮膚が他の部位より薄く弱い部分なので、その部分をカミソリで繰り返し剃ったり、フラッシュ脱毛などで頻繁に刺激を与えたりすると、刺激に対してメラニンを生成することで皮膚を守ろうとするために、黒ずみが発生します。
また化学繊維でできた下着や小さい下着などサイズの合わないものを一日中着用していると、皮膚と下着の間に摩擦が生じやすく、摩擦によって、顔の皮膚と同じように、細胞の代謝が低下するから、古い角質が蓄積され黒ずみになってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみケア商品!オススメ人気ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*