ホルモンバランスの乱れが黒ずみの原因

宿敵!デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンは皮膚が薄いので刺激を与えてしまうと非常に敏感に反応してしまいます。
それで皮膚を保護しようとするのでメラニンが発生してしまって色素沈着を起こしてしまう事が多いです。

また、生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れ、肌のターンオーバーが低下し、黒ずみを招いてしまうケースもありますので、食事や睡眠などの生活習慣を見直すことも大事になってきます。

睡眠や食事でのホルモンバランスの乱れ

バランスのとれていない食事
黒ずみの原因がホルモンバランスの乱れ?と思いがちですが、ホルモンバランスの乱れが原因で肌が荒れるという人は多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンもホルモンバランスに影響を受けます。
バランスのとれた食事や十分な睡眠を取って規則正しい生活をすることで黒ずみを軽減させることができるはずです。
強いストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などもホルモンバランスを乱してしまうので、不規則な生活を続けていると、結果的にデリケートゾーンの黒ずみを引き起こしてしまう可能性があります。
黒ずみができないようにするためには、普段から規則正しい生活を心がけることが大切です。
また日々顔のお肌の手入れはきちんとやっているけれど、デリケートゾーンのケアを毎日しているという人は少ないかもしれません。
毎日のケアの積み重ねが大事ですので、毎日のケアを習慣付けしましょう

妊娠や加齢などでホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れる女性
女性は妊娠や加齢などでホルモンバランスが乱れると、新陳代謝が悪くなり、お肌の活性化が正常に働かなくなります。
通常は28日サイクルで、古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれ落ちて、きれいなお肌に生まれ変わりますが、ターンオーバーは年齢とともに低下していきます。
ターンオーバーが正常に働かなくなると、新しい皮膚ができづらくなってしまい、メラニン色素が残ったままとなるので、黒ずんでしまうのです。
また外部からの刺激も、黒ずみの原因になります。
お肌は外部からの刺激を受けると、メラニンが沈着してシミやくすみができやすくなりますが、同じように陰部も、きつめの下着や化学繊維などの刺激を受けると、お肌を守ろうとしてメラニンを生成して黒ずんでしまいます。
やはり妊娠、出産を機に黒ずみが悪化したという方はとても多いです。
通常は外部からの刺激に対して肌を守ろうとメラニン生成が活発になるのに対して妊娠時は出産に対して肌を守ろうとするのが原因です。
そのためデリケートゾーンだけでなく脇や乳首なども黒ずんできます。
産後はターンオーバーがもとに戻り薄くなりますが、デリケートゾーンは出産によるダメージが大きいので多少の黒ずみは残ってしまいます。
強いストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などもホルモンバランスを乱してしまう原因です。

デリケートゾーンの黒ずみケアグッズはこちら!オススメ売れ筋ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*