黒ずみの正体のメラニン色素って?

デリケートゾーンの黒ずみができる3つの要因

デリケートゾーンは何かとトラブルが起こりやすい場所ですが、黒ずみに対しては無関心な方も多いかと思います。
改めて見てみると、意外と黒ずんでいることに気がつきます。

原因は、メラニン色素が関係

紫外線を浴びる女性
メラニン色素とは、皮膚全体に存在しているものです。
焼けした時に肌が茶色くなるのは、メラニン色素が紫外線の侵入を防ぐためです。紫外線から皮膚を守っているということです。
そのメラニン色素が、あまり紫外線を浴びないのにデリケートゾーンを黒ずませているというのはどういうことでしょう。
メラニン色素は、擦れなど外部からの刺激により、皮膚を守ろうとして表面に出てきてしまうのだそうです。
デリケートゾーンは、他の部位に比べてメラニン色素の活動が活発なので、下着などの少しの刺激で肌を黒くしてしまうのです。
日焼けした肌なら、28日周期で表面が剥がれ落ち、新たな皮膚に生まれ変わる、いわゆるターンオーバーにより、元の白い肌に戻ります。
ですがデリケートゾーンは、下着や生理用品などの摩擦により、常に刺激を受け続けている状態なので、ターンオーバーが行われず、その結果、黒ずみにつながっていたのです。
毎日裸で過ごすわけにもいきませんので、この黒ずみはあきらめるしかなそうですが、専用の石鹸や美容液、クリームなどもあるようです。
少々お金はかかりますが、そういったものを試してみるのもいいかもしれません。

専用クリームでメラニン色素の活動を抑える

専用クリーム
他の部位はデリケートゾーン程黒ずみやすくありませんから、多少摩擦や刺激を与えても問題はありません。
メラニン色素というのは本来肌を守る役割をしていくれているものですが、過剰に出てしまうとやはり見た目としては美しくありません。
なので、デリケートゾーンの黒ずみの対策としてはこのメラニン色素の活動を抑えるクリームの使用をお勧めします。
そうすれば、少しの刺激でデリケートゾーンの黒ずみができてしまうという事は避けられます。
またクリームを使うにしても、やはりできるだけ刺激や摩擦を与えないように生活をしたり、ターンオーバーを正常にする事は最低限必要となってきます。
刺激や摩擦を避けるためには、お風呂で洗う時やタオルでふく時に強く擦らない、下着を綿にする、などの方法がお勧めです。
そしてターンオーバーを正常にするためには、保湿が大切になります。
また体の内側からのケアというのも実は大切で、栄養をしっかりととる、睡眠不足にならないように気をつける、運動不足にならないように気をつける、という事も日々の生活の中で心がけて行きましょう。
これらを実践すれば、デリケートゾーンの黒ずみは回避できます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因にまつわる詳しいエピソードはこちら

デリケートゾーンの黒ずみケア!人気商品ランキングトップへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*