大嫌いなデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみができる原因の一つ

デリケートゾーンの黒ずみについて自身の体験から思う事があります。
私自身、色白なので元々持っていた色素で黒ずんだ訳ではないと思います。
しかし、Vラインの毛量が多く範囲も広かったため、そして太ももが太いせいもあり、擦れによる黒ずみがデリケートゾーンでも奥の方にできました。

脱毛サロンに行って気づいた事

脱毛サロン
ノースリーブの時のワキなどとは違い、黒ずんでいても見られる恥ずかしさはありませんでしたが、やはり自意識の中で気になっていましたし、できてしまったものはどうにもならないと諦めていました。
そのうちムダ毛処理に関しては脱毛サロンに通いVラインを処理しているのですが、気のせいか気になる黒ずみが薄くなったような気がします。
一度黒ずんでしまったものが白くなる事はないと思いますが、処理が終わった肌はきれいに見えます。
同じくワキも処理しているのですが、そちらも長年繰り返された毛抜きでの処理からできた黒ずみや開いた毛穴がきれいになってきました。

自己処理よりもプロに任せる

脱毛サロンで相談する様子
そこで気づいたのが擦れなどが原因による黒ずみ、そして素人ながらの自己処理による原因です。
自己処理はお財布に優しく自分でできるとはいえ、今は探せば安い脱毛サロンはたくさんあります。
痛みもないにひとしいですし数か月に一度、数年通えば煩わしい自己処理とお別れできます。
お若い方々には、黒ずみができる前に、そしてそれを後悔する前に、躊躇する事なく脱毛サロンのプロの手で処理される事をおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみケアに!人気グッズランキングトップへ!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*