私がお勧めする改善策を紹介します。

私が試してる中で一番簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減することです。
よく考えてみるとデリケートゾーンは24時間ずっと下着や衣類による刺激を受けていますから、自分に合った下着のサイズや素材を選ぶのは凄く大切です。

下着は刺激がないものへ

下着は刺激がないものへ
サイズがきつく、締め付けの強い形のものはNG!
強く当たるところが黒ずんできてしまいますよ。
素材ですが、綿や絹、吸湿速乾加工を施した線維が最適ですし、肌への刺激が少なく通気性もいいのです。
形状は、ビキニラインの黒ずみが出るのが嫌ですから私はボクサータイプのショーツです。

メラニン活性を抑える努力

メラニン活性を抑える努力
デリケートゾーンはメラニン活性が高く、黒ずみが生じやすい部位ですので、市販の美白クリームなどを使用しても顔と違い、なかなか効果が出ません。
最低一ヶ月はコツコツ続けないと意味はないです。
美容皮膚科でもクリームを処方してくれて、メラニンの合成を強力にブロックするハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを処方してもらえます。
ビキニラインや外性器周りのレーザー脱毛は、メラニンも減らしてくれるので、ムダ毛だけでなく、気になる黒ずみも解消できて良いですよ。
外性器周囲のムダ毛がすっきりすると、生理時のナプキンによる『かぶれ』や『蒸れ』がなくなりトラブルも減りますしね。
炎症後色素沈着が出来にくくなることで、デリケートゾーンの黒ずみが徐々に出来にくくなるというメリットもあります。
人には相談しにくいので一人で悩みがちですが、医学の進歩で対策はありますから大丈夫です。

デリケートゾーンの黒ずみケアグッズ|おすすめ人気ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*